おしゃれな!玄関框(かまち)で帰宅が嬉しくなる!

〜「こんなの知らなかった」を無くそう!〜

「玄関はお家の顔!」なんてことはいわれますよね。

「お家の顔」ともなる玄関にあなたのこだわりを入れておけば
家に帰る度に嬉しく楽しい気持ちになりますよ😊

なので、今回は「玄関框(かまち)」についてお伝えしていきます。

早速ですが、
玄関の「上がり框(かまち)」
と呼ばれる部分をあなたはご存知ですか?

「玄関框(げんかんかまち)」とは、
玄関や土間で建物の外と中を分けるために
設けられた横木の段差のことです。

別名「上がり框(あがりかまち)」と呼ばれています。

この框(かまち)の「形を変えれる」
ということをご存知なられないまま家を建てられた方も、
もしかしたら、いらっしゃるかもしれません。

というのも
框(かまち)の形を決めるのは、
お家打ち合わせの ” 序盤! “の
間取り設計の段階で決めていくんですよね。

框の形を変えることで
●出入りスペースが広くなったり
●視覚効果で奥行きがでたり
●おしゃれに見えたり
ということができます。

ぜひこの機会に知ることで建てた後に
「え、知らなかった😨」
なんてことがないようにしましょう!

それではお待たせしました!
まずは定番のご紹介です。

【ストレートタイプ】

これはスタンダードな框の形です。
特に一般的な間取りではほとんどが
ストレートタイプを採用しているのではないでしょうか?

万人受けするスタンダードな形です!

【斜め框】


これはその名の通り、框部分を斜めにします。

ストレートタイプで出入り幅を広くできない場合に
「斜め框」にすることでゆとりができます。

ゆとりができることで、
同時に複数の人が靴を履くことができるようになります。

兄弟並んで靴を履いたり
ママも並んで靴を履くサポートができたりと
毎日のことなのでストレスがないのは嬉しいことです。

他にも
お客さんを招いたときに玄関でのお見送りも
「横に並んでしたいから」という方もいらっしゃいます。

視覚的にも奥行きがでたり、
デザイン面でもスタイリッシュに見えたり、
様々な効果があります✨

その他にも、
【L字框】
【コの字框】
などをすることで同じように出入り幅が広くなったりもします。

また、
L字にすることで
玄関土間の形も長くできるので
自転車やベビーカーを
置けるスペースが確保できたりもします。

間取りによって向き不向きがあると思いますので
間取りを見ながら決めていくといいですね。

他にも、、、
【アール(R)框】
というのもあります。

カーブをつけて ” 丸み” を帯びさせて「柔らかい印象」にさせたり、
機能面でも出入り幅にゆとりをだしたりもしてくれます。

こんな風に、壁紙や扉だけでなく「框の形」を
少し変えるだけで雰囲気も変わってきます。

ぜひ、
玄関框にもあなたのこだわりを入れて
家に帰る度に楽しく嬉しくなるような
あなたのこだわりのスペースにしてみてください😊

====
THE HOUSEは、
32坪1780万円で
ゼロから間取り設計ができる
オーダーメイドの注文住宅です。

あなたの生活動線やこだわりをもとに
設計士がオーダーメイドで設計します。

品質の高い設備が標準を
出来るだけ手の取りやすい価格で
お届けしています。

ぜひ
展示場にお越しくださいませ😊